マッキー親父は“ つむじ風 ”

『一生感動・一生青春・一生成長』をモットーに日々精進する親父。趣味のスポーツや音楽に情熱を注ぎ、また素朴な疑問や真実を追求する親父のブログでもある!!    小学校の頃は鉄棒やソフトボールに夢中で、中学でも野球をしましたが色んな遊びに興味が行き熱心に打ち込まなくなりましたねぇ・・・高校時代はフォークソングギター部に在籍しながらもバイトに明け暮れる過ごし方をしてました。そんな私が本気で興味を持ち夢中になったのが、その後のギターとスキーだったのです。まぁ〜話すと長くなるので省略しますが、そんな時期もあったからこそ時間をとても貴重に思うようになったのでしょう。ギターは約10年程離れていましたが、私の師匠と弾く機会があり、またギターを弾くようにはなりました。スキーのトレーニングの一環で足腰は鍛えていましたが、30歳での禁煙を切っ掛けにランニングも始めました。いつしか楽しいだけでは物足りなくなり、タイム設定して走るようになりマラソン大会の10kmに初出場した時は44歳になっていました・・・2回目の参加で40分(4分/km) 切りも目前となりました。 そしてスピード強化の為に庵原駅伝にも2回参加もしましたが、メンバーと役員集めと何やら大変で駅伝は卒業。次第に走らなくなりましたが、スキーの為のスクワット系種目は継続してます。次回走る時はダイエットを考える時かなぁ〜?そんな訳でスポーツ(スキー・筋トレ)とギターの向上と子供と過ごす時間を大切にして、気力と体力そして感性を磨いて行きまっせ!!何より人生を後悔しないよう日々奮闘してす!!スキーとギターは動画アップしてチェックしてるので遊びに来て下さいね〜

陰謀

ミャンマー軍事政権暴走・・・

天安門以来、またまた恐ろしい虐殺が続いています。

国連は何をしているのでしょうか? 
国連が介入して止めればよいと思いませんか?
でもそれは、「まず無理でしょうね」

何故なら、国連は世界の秩序を正すための組織ではないからです。
国連の常任理利国とは? 

ご存じな方も多くいるとは思いますが、知らない方の為に書きますね。
小学校の時に社会で国連を勉強しましたよね。
国連の旗を見せられて・・・いわゆる世界のリーダー?が常任理事国を務め、紛争やらの様々な問題(議案)の拒否権を持っている為、1か国でも反対すれば議案は成立しないのですよね・・・

その世界のリーダー?の常任理事国は、世界第2次世界大戦のアメリカ・イギリス・フランス・ロシア・中国なんですよねー
おまけに常任理事国のい1か国でも反対したら議案が成立しないなんて、もう何でもやりたい放題ですわ(怒)
拒否権あっても、せめて多数決にしなければどうにもなりませんよねー
「この時点で問題を解決する気なし」って事ですからね・・・
言う事で、世界から紛争が無くならない訳なのは皆さん薄々と理解されている事でしょう。

天安門なんて、その常任理事国が無茶苦茶してる訳ですからねぇー
今回のミャンマーも民主化を進めているスーチンさんに不満な中国やロシアが、軍を支援して暴走させているのでしょうね。

世界のリーダーがこれですから、悲しきかな世界が良い方向に導かれる事はないのかなぁ・・・
SNSを駆使して世界の人々がこの事実を知って、広めて小さな波から大きな波に変えていく事が出来れば世界はきっと変われるんじゃないんかな!
とは思いおますが、どうでも良いニュースは延々と繰り返すのに、ミャンマーの報道があまりにも少ないのも、何らかの力が働いているのでしょう・・・
もしも常任理事国の人々も敗戦国の民も覚醒したら、常任理事国が目の色を変えて世界の民を暴力で支配するな〜んてアニメの様なフィクションの様な世界にならないよね?
有り得るかも知れませんが、その時はその時かな〜って楽観視し過ぎですか?

自分の身は自分の身で守るは基本ですが、どうにもならない事もありますからね・・・
ミャンマーの様な事は無いにしても、我々も日本で暮らしていて可能性は低いかもしれませんが突然命を奪われる可能性だってある訳ですよ。
若い時なんかそんな事考えもしませんが間違いなく死に向かってる訳です。

何やかんや好き勝手言いましたが、自分の出来る事をコツコツと行動して家族を守って己を磨き精一杯生きるしかないですね!



戦争は儲かるんです・・・

今日は、戦争に行ったアメリカ兵の告発!「本当の敵はアメリカ国内にいた!」
をご覧下さい。



アメリカの政治を動かしているのは主に軍産複合体・その他の大企業・金融なのですから、常に戦争していないと国が運営出来ないのですね。武器弾薬を製造して使用してナンボな訳です。
他の国がどうなろうと、また自国の兵士がどうなろうが関係ないですね。
アメリカが世論を誘導して悪を作り上げ攻撃してもテロじゃないが、アメリカに刃向うものはテロなんです。
もしもアメリカが正義たとしても戦争で何かを解決出来るとでも思っているのか?
いやぁ〜そんな事は微塵も思ってはいないでしょう。

最悪な間違いだった...(目覚めはじめたアメリカ兵)


大国アメリカの兵士でさえ、目覚めて来ています。

アメリカでは既に奨学金返済出来ない人達を対象に、兵士にさせて返済させているようです。
日本でも安保法が可決され、アメリカと同じような事をさせようと発言している政治家がいました。

アメリカ「志願兵が減っているぞ・・・そろそろ日本人でも参加させるか?
そんな訳で「Mr.安倍TPPとセットで頼むよ」とでも圧力があったのでしょうかね・・・?

さぁ〜どうしましょうか?


 “つむじ風” 応援宜しく!!
アンケート
『アンケート』
『アンケート』
『アンケート』
前進あるのみ

つむじ風

「一生感動・一生成長・一生青春」をモットーに10年後をより楽しく過す為の準備を日々積み重ねて行きたいものです。先ずは家族が楽しめて、自分も楽しめないとね!!
それだけでなく今世界で何が起こっているのか?にもスポットを当てています。

QRコード
QRコード
Archives
“つむじ風” 応援宜しく!!
『アンケート』
アンケート
『アンケート』
  • ライブドアブログ