メタンハイドレート、渥美沖で採掘へ…海底は初

読売新聞 2月14日(火)11時50分配信



 次世代のエネルギー資源として期待される「メタンハイドレート」の採掘試験に向けた作業が14日朝、愛知県渥美半島沖で始まった。



 海底で採掘するのは世界初の試みで、商業化が実現すれば、天然ガスなどの資源を輸入に頼る日本にとって、待望の国産資源となる。



 地球深部探査船「ちきゅう」(総トン数約5万6700トン)が、愛知県沖約70キロ・メートルの地点で準備作業に入り、夕方以降、本格的な採掘試験に着手する予定だ。



 試験は、独立行政法人「石油天然ガス・金属鉱物資源機構」が、経済産業省の委託を受けて行う。メタンハイドレートは、メタンガスと水が結晶化した天然ガスの一種。静岡県から和歌山県にかけての海域には、メタンハイドレートを含む地層が広がり、日本で消費される天然ガス13年分の量が埋蔵されているという。



読売オンラインより転載

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120214-OYT1T00353.htm



ようやくですが、日本にとってとても明るいニュースです。



しかしメタンハイドレートよりか今直ぐにでも使用可能な尖閣諸島に眠る莫大な石油には未だに手を付けられないのも事実なのですね・・・



アメリカの米国債を買わされ続ける日本では、政治家は米国債同様に尖閣の石油にも触れられないのだろうか?

“命を賭してでも日本の公益を守る”そんな政治家が現れるのを待つしかないのだろうか・・・



ブログランキング応援してね!!


人気ブログランキングへ