こちらが我が家のザリガニ達。
ザリガニ右のは大きいでしょう?
飼い始めて1年程で脱皮を数回繰り返して、体長約15〜16僂砲泙農長しました。
左のはちょっと変わった色をしていますねぇ。
彼は今年仲間に入ったのですが、一度脱皮したらこんな色になりました。
もう1週間程経っていますがこの色を保っています。
何でも青魚(アジ、イワシ、サンマ)などを餌に与えると青くなると聞いてましたが、栄養不足になり脱皮に失敗して死亡する可能性があるそうなので、3匹と同じ餌を与えていたのですが、1匹こんな色になったのです。
最近は息子とこの色を保ちたいねぇと時々シラスを与えています。

白ザリガニそちらが単独画像。
少し青みが掛かってますが、白いでしょ?




もう1匹がこちら
ザり大抵のザリガニは小さい時はこんな色ですね。
上の白いザリガニも、脱皮する前はこんな色でした。
最終的には同じような赤色になるのですが、脱走して死亡した1年飼育した2匹のザリ達も含め各々成長過程で色が違いましたねぇ。

同じ餌与えているのに不思議です・・・

今ではザリガニも買う時代???
ペットショップでは色んな色したザリガニが数千円〜で売っています。
飼うのは簡単ですが、自分の足を使って苦労して探して捕獲して欲しいですねぇ〜
と言う事でザリガニ探しのコツを伝授しよう!!

ザリガニポイント
.競螢ニなどの甲殻類は脱皮した時はとても危険にさらされるので、隠れる所や泥水や池などのグリーンウォーター(濁っている)などが必要です。
田んぼや畑などの自然豊かで(畑などから落下したミミズを捕食)、常に干上らないくてドロのある溝(ドブ)などにも居ます。
H羈單きれいな川でも居ますが探すのは大変かな。

捕獲方法はタモ網二刀流、スルメイカを使った釣り、仕掛けですね。

昔は田んぼも多く至る所にザリガニいましたが、今では探すのは難しくなりましたがまだまだ意外と身近な所にいるんすよ。
自分で苦労して探して捕まえるから楽しいんだよ!!
目標に向かうまでの過程が大事なんだよなぁ〜あともう一つ「家の庭」の家庭は言うまでも無く一番大切なものですね。

てな訳で、「過程と家庭は大事であり、共に楽しもう!!」

Have a good day!!