マッキー親父は“ つむじ風 ”

『一生感動・一生青春・一生成長』をモットーに日々精進する親父。趣味のスポーツや音楽に情熱を注ぎ、また素朴な疑問や真実を追求する親父のブログでもある!!    小学校の頃は鉄棒やソフトボールに夢中で、中学でも野球をしましたが色んな遊びに興味が行き熱心に打ち込まなくなりましたねぇ・・・高校時代はフォークソングギター部に在籍しながらもバイトに明け暮れる過ごし方をしてました。そんな私が本気で興味を持ち夢中になったのが、その後のギターとスキーだったのです。まぁ〜話すと長くなるので省略しますが、そんな時期もあったからこそ時間をとても貴重に思うようになったのでしょう。ギターは約10年程離れていましたが、私の師匠と弾く機会があり、またギターを弾くようにはなりました。スキーのトレーニングの一環で足腰は鍛えていましたが、30歳での禁煙を切っ掛けにランニングも始めました。いつしか楽しいだけでは物足りなくなり、タイム設定して走るようになりマラソン大会の10kmに初出場した時は44歳になっていました・・・2回目の参加で40分(4分/km) 切りも目前となりました。 そしてスピード強化の為に庵原駅伝にも2回参加もしましたが、メンバーと役員集めと何やら大変で駅伝は卒業。次第に走らなくなりましたが、スキーの為のスクワット系種目は継続してます。次回走る時はダイエットを考える時かなぁ〜?そんな訳でスポーツ(スキー・筋トレ)とギターの向上と子供と過ごす時間を大切にして、気力と体力そして感性を磨いて行きまっせ!!何より人生を後悔しないよう日々奮闘してす!!スキーとギターは動画アップしてチェックしてるので遊びに来て下さいね〜

2015年06月

『 地震兵器 』は国際政治軍事上では常識の事実!!

皆さんは『人工地震』や『地震兵器』などと言う言葉を耳にした事ありますか?
因みに私はつい数週間前までは聞いた事などありませんでした。
知っている方が多ければ、私が只の無知と言う事になりますが、知らない人が大半を占めているのではないでしょうか?
人工地震や地震兵器を知っている方が多ければ知らずは無知。でも知らない方が大半を占めているのであれば情報操作(隠蔽)されていると言ってよいかと思います。

では、ここで国会での野党と政府の質疑応答で、政府が地震兵器は国際政治軍事上では常識と発言している動画をご覧下さい。

国際政治軍事上では常識・・・でも、我々一般国民には隠蔽してる?
いや、勉強不足なだけ?それとも無知なだけ?

もう一つどうぞ。
こちらは地下深部掘削船「ちきゅう」関係者の人工地震発言です。


ここで過去の地震の津波に関して疑問が湧き上がります。
1960年代には、我が家にも8ミリフィルムがあり小さい頃の動画を見る事が出来ました。
当時はまだ少ないかもしれませんが次第にビデオカメラが急激に普及しました。
大手メディアはヘリコプターを所持しているのですからも過去の津波などの記録も撮影しているのではないでしょうか?
ですが、2004年以前にスマトラ地震の津波や2011年東北大震災のようなショッキングな津波の映像をご覧になった方がいるのでしょうか?
ここ清水でも地震の津波の話は聞いた事がありますが、家をも呑み込むような津波ではなかったそうです。

私達の知らない所で世界は常に動いているのですが、どんな思惑でどんな方向に導かれているのだろうか?

「知らされていない、知ろうとしない」または「まさか、そんな事がある訳ない」と疑わない事が一番危険なのではないでしょうか?





フッ素配合の歯磨き粉が主流ですが・・・

今や、殆どの歯磨き粉にフッ素が配合されていますね
つまりフッ素配合の歯磨き粉が常識化されているのが現状です。

数年前の息子が保育園の頃に、園からフッ素のうがい薬でうがいするので、宜しければ署名下さいと言う事でした。
当時はと言うか、今でもCMでフッ素は虫歯から守ると常識化されているので署名とは?とは思いましたが、調べる事無く署名しました。
でも何か問題があるから署名をさせるのですから、頭の切れる方(若しくは危機管理に長けている方)ならその時点で調べているのでしょうがね

そもそもフッ素とはなんでしょうか?
調べて行くとフッ素(フッ化ナトリウム)は危険な物質だと言う事が解りました。
フッ素の始まりはアメリカのアルミニウム産業が、産業廃棄物であるフッ素の毒性の処理に手を焼いていた為、フッ素の有効利用と言う事から始まったようです。
元来はネズミの殺鼠剤成分として利用されており、さらにフッ素が歯に対する影響などの研究からメディアを利用して「虫歯予防にフッ素」キャンペーンにより、現在に至っているようです。
恐ろしい・・・

そして、このフッ素がどんな悪影響を及ぼすか?
哺乳類のネズミの殺鼠剤成分として利用されていたのですから、大まかには御理解頂ける事でしょう。
特に脳に与える影響が懸念されています。
記憶の中心である海馬にダメージを与え、免疫を弱めてアルツハイマーの原因のアミロイドβを作り出すそうです。これにより記憶力の低下や発達障害を誘引すると言われています。
特に子供に与える影響は多大なのでお気を付け下さい。

フッ素が人間の脳にダメージを与え、意欲を削ぎ従順で批反抗的になる事を熟知していたナチスドイツでは、強制収容所の囚人の脱走防止の為に使用されていたようです。

情報はある方向に誘導されて、情報操作されているかも知れないと思うだけでも違って来ます。
一番怖いのは、「まさかそんな事がある訳ない」とか「そんなの常識だよ」と言う考えなのかもしれません。
各メディアの収入源の大部分は広告主で成り立っている事を再認識されて、ご自身でお調べになる事をお勧めします。
莫大な広告費を提供するスポンサーの悪い事なんて言えやしませんからねぇぇぇ〜

フッ素が配合されていない歯磨き粉は本当に少ないですが、幾つか取り上げておきます。
「サンスター薬用つぶつぶ塩」

ライオン「デンター塩粒と生薬」

ライオン「エチケットライオン」

などがあります。
因みに我が家は「サンスター薬用つぶつぶ塩」を使用していますが、
何事も鵜呑みにせずご自身で調べられる方が宜しいかと思います。

また、偉そうにほざいてしまう親父でした・・・

ツバメ 雛が5羽もいました

雛も随分大きくなり、今にも巣立ちそうに乗り出しているので撮影してみると何と雛が5羽もおりました。

巣立つ1日前の様子
003左隅で控えめな子が末っ子かなぁ?
ようやく全貌が明らかになったと思ったら、今にも飛び出しそう。
そんな訳で子供達にはここ数日で飛ぶよと伝えら、何とその翌日に巣立ちました

巣立つと言うか初飛行と言った方がしっくりくるかなぁ。
巣から飛び出してから、虫の捕獲や天敵から逃げる為に必要な飛行が出来るようになるまでは親の特訓が始まるのです。
ですから特訓が終わると雛達は夕方には巣に帰って来るのです。
大きくなった5羽ですが、巣立つ前では狭いとは思ってもしょうがない・・・
しかし、広い世界に飛び出した雛達もまだ数日はこの育った小さな巣に帰って来るのです。
危険の多い野生では流石にまだまだ厳しいのでしょう。

勇気があり、好奇心旺盛な雛から巣に戻らなくなるのでしょうが、ツバメの生存率は厳しいようです。
最近の研究では、巣立ったツバメの寿命は厳しい生存競争に長けたものでは10年ほど生き続けた個体が事が確認されているようです。
が、あくまでも生存競争に長けた個体であり、飛行が未熟であればカラスやトンビなどの餌食になってしまうので、ツバメの平均寿命は1年半程と言われているようです。
日本で巣立ったツバメ達は、秋には南国へ渡り産卵〜子育てをして日本が春になると日本に戻り産卵〜子育てするようで、戻って来る確率は13%程度だそうです。
1年にこのサイクルを2回を繰り返して1人前の大人に成長するようです。

親の特訓に耐えて立派に成長して、1羽でも多く帰ってこいよぉぉぉ〜
そして生き残って、寿命を全う出来るといいなぁぁぁ〜

まったりと

本日の休みは、久し振りに自宅でまったりとした日を過ごしました。
とは言っても、性格上何かと動いてはいるのですが・・・
まぁ性格なのでしょうね、何もせず寝ている事が中々出来ないのです

それはさて置き、我が家のペットのカメを紹介しま〜す。
M田亀次郎です
003こちらは水替えをしている間のお散歩の様子です。
春になってからの食欲は旺盛で、水の交換が早くなって来ました。冬眠する冬の間は本当に全く餌を食べなくなるんですから驚きです。


私なんか、一食抜いたらその反動が・・・燃費が悪いのか?代謝が良いのか?
どちらにせよ体力にはそれなりに自信があるのでとしましょう
まぁ〜強いて言えばパワー不足ですね。
ではパワーアップしましょうかぁ〜
話は反れましたが、それにしても冬眠する生物は凄いですねぇぇぇ

 “つむじ風” 応援宜しく!!
アンケート
『アンケート』
『アンケート』
『アンケート』
前進あるのみ

つむじ風

「一生感動・一生成長・一生青春」をモットーに10年後をより楽しく過す為の準備を日々積み重ねて行きたいものです。先ずは家族が楽しめて、自分も楽しめないとね!!
それだけでなく今世界で何が起こっているのか?にもスポットを当てています。

QRコード
QRコード
Archives
“つむじ風” 応援宜しく!!
『アンケート』
アンケート
『アンケート』
  • ライブドアブログ