マッキー親父は“ つむじ風 ”

『一生感動・一生青春・一生成長』をモットーに日々精進する親父。趣味のスポーツや音楽に情熱を注ぎ、また素朴な疑問や真実を追求する親父のブログでもある!!    小学校の頃は鉄棒やソフトボールに夢中で、中学でも野球をしましたが色んな遊びに興味が行き熱心に打ち込まなくなりましたねぇ・・・高校時代はフォークソングギター部に在籍しながらもバイトに明け暮れる過ごし方をしてました。そんな私が本気で興味を持ち夢中になったのが、その後のギターとスキーだったのです。まぁ〜話すと長くなるので省略しますが、そんな時期もあったからこそ時間をとても貴重に思うようになったのでしょう。ギターは約10年程離れていましたが、私の師匠と弾く機会があり、またギターを弾くようにはなりました。スキーのトレーニングの一環で足腰は鍛えていましたが、30歳での禁煙を切っ掛けにランニングも始めました。いつしか楽しいだけでは物足りなくなり、タイム設定して走るようになりマラソン大会の10kmに初出場した時は44歳になっていました・・・2回目の参加で40分(4分/km) 切りも目前となりました。 そしてスピード強化の為に庵原駅伝にも2回参加もしましたが、メンバーと役員集めと何やら大変で駅伝は卒業。次第に走らなくなりましたが、スキーの為のスクワット系種目は継続してます。次回走る時はダイエットを考える時かなぁ〜?そんな訳でスポーツ(スキー・筋トレ)とギターの向上と子供と過ごす時間を大切にして、気力と体力そして感性を磨いて行きまっせ!!何より人生を後悔しないよう日々奮闘してす!!スキーとギターは動画アップしてチェックしてるので遊びに来て下さいね〜

2012年06月

おやっ、こんな光景

見た事ありますかぁ?

あれあれどうしたのかな?今朝もツバメが囀っているのでカーテンを開けると、1羽が飛び立って地面に着地。するともう1羽も地面に・・・

えっ、何どうした?1階へ降りてデジカメでカシャ。





その後普通に飛び立ったのですが、何だったのでしょうか?

1羽は巣立った雛だったのかなぁ〜?

実は6羽雛が孵っていて、襲撃されたのは5羽で1羽巣に残っていたのが巣立ったのだろうか???

今はまだ雛の姿は見えませんが、親ツバメが餌付けしている際に雛の鳴き声も聞こえるので雛はいるのですが、抱卵する姿も見掛けられるので第3期子育てに入っている考えられます。

何れせよツバメが地面を歩いている姿って今まで見た事なかったので驚きました。



ブログランキング応援してね!!


人気ブログランキングへ

ツバメが子育て再開(^^)/

今年2回目の子育ては5匹とも親が育てる事が出来なかったので、この巣は放棄するのかと思っていましたが、放棄する事なく3回目の雛が孵り子育てをしております。



毎年3回の子育てをして1〜2羽は落巣して日本平動物園にお世話になっていますが、何とか無事に多くの雛が巣立っているので安心していましたが、今回のスズメ襲撃事件のスズメ対策として、糞受けにちょっとした細工をしました。

その様子がこちら

スズメ対策鳥はキラキラ光った物が嫌いだそうで、アルミホイルを切って細工しました。

ツバメは大丈夫かな?とは思いましたが、既に巣の中に雛が入れば親ツバメは子育てを放棄する事はないそうです。





1回目に巣立った雛が時々遊びに来ます。

雛まだ背中に白い産毛が残っています。











いないいない〜いないいない〜

ではありませんよ。羽のお手入れしてま〜す。








魚捕り

最近は毎週の様に土日のどちらかで子供達と早朝に庵原川へ魚捕りに行っています。

昨日は台風通過2日後でしたので、普段より川の流れはあったので子供二人は川岸でチョロチョロとしている程度でしたが、それなりに楽しんでおりました。



我が家の魚達

さかな君達こちらは以前捕まえた魚達で、もう20日近く我が家の玄関の水槽で住んでおります。











はぜ&かわえびはぜ&かわえび

かわえびは獲っている時は気が付かなくて後で水槽を見たらいたのですよ。







昨日はザリガニも獲れました。

ざりがにこらぁぁぁ〜

近づいたら怪我するぜぇ〜

と威嚇します。













最近は、小川などの護岸整備にてコンクリート化された所ばかりでザリガニも住家を追われてメッキリ見掛けなくなっています。

最初は娘が金魚飼いたいから、じゃあメダカを捕まえに行こうから始まったのですが、メダカはこの辺りではもう見掛けないのです。

まだ清水は比較的自然が残っている方ですが、便利や衛生ばかりを追求して、野生生物の住み難い町ってどうなんでしょうね?

メダカやザリガニの天敵は鳥や大きな魚ばかりではなく、もっとも怖いのが人間かも知れませんね・・・

カンパニュラ

カンパニュラが綺麗に咲きました。

とても存在感のある花なのですが、茎にトゲトゲがあるので終えた花を摘む時が痛いんですよぉ



カンパニュラこちらは淡い桃色。























カンパニュラ 紫こちらの紫色も立派でしょ























我が家で子育て中のツバメ夫婦もスズメによる雛襲撃事件により、もうこの巣は諦めるのかなぁ〜と思っていましたが、時々顔を見せては囀っています。

そして巣の行き来もあるので、雛もいるような気配もあるのですが、どうなのかなぁ〜と言った状況です。

ショッキング

昨日に続きショッキングな出来事が・・・

何と夕方にまた雛が落下してグタッとしており、巣を見ると1羽が宙吊りになっているのです。

そして、巣の中には何も気配がなさそうなので、おかしいなぁと辺りを見渡すと1羽が地面に立っているんのですから驚きです。

直ぐに2羽を確保してから、亡くなっているだろうと思いながら宙吊りの雛を確保すると生きているのです。

生きてはいますが、不思議な事に頭部に裂傷を負っているのです。

この時は親ツバメが育児放棄して、気が動転でもして雛を突付いて突き落としたのかと思っていましたが、想像は大きく外れていました。

巣の下が汚れていたので掃除していると親ツバメが現れて、私を威嚇しているのです。

雛に危害でも加えたのかと感じての行動だと思われました。

気が気ではないですが、とても元気な1羽を巣に戻して娘に親ツバメの行動をチェックしてもらう事にしました。

すると15分程の間に親ツバメは6回餌を与えているとの事でしたので、安心して親に任せることにしたのですが、それが大きな落とし穴でした。

最近何故をスズメを巣の周辺で良く見掛けるとは思っていたのですが、親ツバメが出掛けている間にスズメがツバメの雛を狙っていたのです。

ヒヨドリとかモズ、カラスが巣の下でうろついていると巣の中の雛を狙っていると言われているのですが、スズメは雛を狙っているのではなくて巣を狙っていると言う事が理解出来ました。

スズメがこの様な行動をするのには、どうやら最近の日本の住宅も変わりスズメが巣を作れない様になって来ている事と関係があるようです。



先程巣に戻した一番元気なツバメは、またも落下して今回は瀕死の状態でしたが、この子は元気だから他の雛同様回復するだろうと思いましたが、そんな甲斐なく間もなく私の掌で小さな命を終わらせました。

私も悔やみましたが、私がいなくてもこの雛達は生きていられなかった事でしょうから、もれも運命なのでしょう。

どの位の時間か分かりませんが、カラスや猫もいるのに食べられなかっただけでも奇跡に近いように思いました。

しかし、スズメはツバメの雛の命を奪ってでも自分の子孫を残そうと必至なのでしょうが、私はこの事実は容易には受け入れられません。

あの可愛らしいスズメがこんな事をするのですからねぇ・・・



今晩でも早速動物園に保護して貰えば良かったのかも知れませんが、中々そうも行きませんでした。

そんな訳で、早速鳥獣店に出掛け生餌(ミルワーム)を購入。

最初はどちらも元気ないので無理やり口を空けで餌を与えるのですが、時間経過すると怪我した1羽は頗る元気回復。

しかし、もう1羽は相変わらず虫の息なので、今夜が山場となるような気がします。

明日回復していれば、夕方にでも動物園に保護して頂こうと思っています。



私は既にアルコールを注入しながら雛の様子を見ていましたが、ボチボチ入浴して再度アルコール注入して寝ま〜す。(飲まなくてもバタンキューですが、ちょっと飲みたい気分なので・・・)












 “つむじ風” 応援宜しく!!
アンケート
『アンケート』
『アンケート』
『アンケート』
前進あるのみ

つむじ風

「一生感動・一生成長・一生青春」をモットーに10年後をより楽しく過す為の準備を日々積み重ねて行きたいものです。先ずは家族が楽しめて、自分も楽しめないとね!!
それだけでなく今世界で何が起こっているのか?にもスポットを当てています。

QRコード
QRコード
Archives
“つむじ風” 応援宜しく!!
『アンケート』
アンケート
『アンケート』
  • ライブドアブログ