マッキー親父は“ つむじ風 ”

『一生感動・一生青春・一生成長』をモットーに日々精進する親父。趣味のスポーツや音楽に情熱を注ぎ、また素朴な疑問や真実を追求する親父のブログでもある!!    小学校の頃は鉄棒やソフトボールに夢中で、中学でも野球をしましたが色んな遊びに興味が行き熱心に打ち込まなくなりましたねぇ・・・高校時代はフォークソングギター部に在籍しながらもバイトに明け暮れる過ごし方をしてました。そんな私が本気で興味を持ち夢中になったのが、その後のギターとスキーだったのです。まぁ〜話すと長くなるので省略しますが、そんな時期もあったからこそ時間をとても貴重に思うようになったのでしょう。ギターは約10年程離れていましたが、私の師匠と弾く機会があり、またギターを弾くようにはなりました。スキーのトレーニングの一環で足腰は鍛えていましたが、30歳での禁煙を切っ掛けにランニングも始めました。いつしか楽しいだけでは物足りなくなり、タイム設定して走るようになりマラソン大会の10kmに初出場した時は44歳になっていました・・・2回目の参加で40分(4分/km) 切りも目前となりました。 そしてスピード強化の為に庵原駅伝にも2回参加もしましたが、メンバーと役員集めと何やら大変で駅伝は卒業。次第に走らなくなりましたが、スキーの為のスクワット系種目は継続してます。次回走る時はダイエットを考える時かなぁ〜?そんな訳でスポーツ(スキー・筋トレ)とギターの向上と子供と過ごす時間を大切にして、気力と体力そして感性を磨いて行きまっせ!!何より人生を後悔しないよう日々奮闘してす!!スキーとギターは動画アップしてチェックしてるので遊びに来て下さいね〜

2011年12月

今年も残す所あと2日となりました

今年も残す所あと2日となりました。

バタバタと忙しないかと思いますが、今年1年を振り返る絶好の機会ですね。



今年も最後の最後にチビから風邪を貰ってしまい、今朝は1週間振りに8.5kmコース(トレセン〜庵原球場)を走りました。

何せ1週間振りでしたが、朝の冷たい空気を浴びながら走れる喜びを噛み締めながらゆっくりと走りました。

走れる事がこんなに素晴らしいなんて・・・

膝を痛め20日程走れない時期もありましたが、走れるようになると忘れてしまうんですよね。。。

何々出来て当たり前って・・・

それにしても、人間とは何て愚かな生き物なのでしょうか?



そして今年は東北大震災もあり、日本全体が被災者に胸を痛めました。

それでも各々が被災者の気持ちになり自分の出来る事を行動に移されたかと思います。

今でも辛い思いをされている方達が大勢おり複雑な気持ちは拭えませんが、亡くなった大勢の被災者の為に私達が出来る事は、私達国民の各々が自分と戦いそして精一杯生きる事だと思っています。

家族を失った多くの人々の気持ちを考えるとあらぬ方向へと飛んでしまい、収拾出来なくなってしまいます。

どんな家庭でもこれから先の事は分りません。

そんな時の為と言う訳では有りませんが、家族の絆を深め今すべき事に真剣に取り組み1日1日を生き抜いて、そして積み重ねて行けたら幸せですね。

そんな気持ちが子供に何時伝わるのかは分りませんが・・・



また偉そうな事を書きましたが、どうか大目に見て頂きたいものです。



皆様、良いお年をお迎え下さいませ!!








まだ従軍慰安婦強制連行なんて言ってんの?

招かざる隣国の大統領が日韓首脳会談で来日したそうですね。

それも議題は主に慰安婦強制連行とやらですって・・・まぁ〜良くも抜けぬけと日本に来れるものです。

既に韓国にも日本にも、慰安婦強制連行に関する史実は残されていないのにねぇ。

ですが、民主党は韓国大好き政権だから決して楽観視は出来ませんが。。。



反日運動は無意味『勇気ある』ソウル大名誉教授



反日国家の中でも立派な韓国人は居るんですが、あまりにも少な過ぎます。





◎◎◎こちらも是非御覧下さい◎◎◎



『武士道精神の覚醒と強い日本を願う』 

崔基鎬(チェ・ケイホ)氏 1923年生まれ。明知大学助教授、中央大学、東国大学経営大学院教授を経て、現在、加耶大学客員教授



http://www2.odn.ne.jp/~aab28300/backnumber/04_12/tokusyu.htm

       ↓

右手の欄にもリンクさせてますのでどうぞ!! ≫≫≫

内柴事件について

内柴事件についての報道は少し先走って騒ぎ過ぎている様な気がします。



そんな最中、一川防衛大臣と山岡国家公安委員長(消費者・拉致問題担当大臣)の問責決議案が可決され、他にも問題山積のまま臨時国会は9日に閉幕されました。



そして、今回の内柴事件に関して石原東京都知事は「まだ裁判も行なわれていないのに騒ぎ過ぎている。もし内柴くんが無罪だったらどうするんだ?」と述べています。

確かに内柴氏の行動は、妻子があるとかないとか関係なく何処からどう見ても指導者としては許される行為ではありません。

ですから職を失い、そして逮捕されました。



しかし、この事件の被害者の女性にも何かしらの心の油断は無かったのでしょうか?

まだ未成年なので法律上お酒は飲めませんが、19歳で成人前とは言え大学の柔道部員であれば運動しないで遊んでいる同世代の女の子からすれば礼儀や忍耐力など精神面は立派なものではないだろうか?

大学から柔道を始める人もいるかも知れませんが、内柴氏就任は大学の目玉ですから、それなりの経験者が多いかとも思われます。

今回の被害者たる女性の柔道経験を含め、どのような人物なのかが全く報道されていないのも気になります。



先にも述べましたが内柴氏の行動は許されませんが、この様な事件で逮捕されて毎日のようにネットやTVで報道される程の事件なのでしょうか?

この事件とは対照的に、ソフトバンクモバイルの幹部がタクシー運転手を暴行して死亡させた事件に付いては、一度何かの報道番組で取り上げたのを見たのですが、その後は殆ど報道していません。

私はTVはあまり見ませんが、ウェブのニュースを見てTVの報道番組やニュースが偏向報道していないのかを気にして見ています。

ウェブニュースでもこの事件の記事はことごとく削除されているのですが、産経ニュースではまだ健在なのでこちらに貼り付けておきますので、URLをコピーしてアドレスバーに貼り付けて御覧下さい。



●暴行受けたタクシー運転手死亡 容疑のソフトバンクモバイル社員を逮捕 神奈川県警 2011.11.29 20:25 [暴行・傷害]



http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111129/crm11112920260041-n1.htm



話を戻しますが、内柴氏は驕りからこのような事件を起こしたのでしょうか?

そしてこの事件の報道が真実であるならば潔く事実を認め心を入れ替えて、再起に全力を尽くすべきであると思います。

しかし、現段階での一方的な報道は頂けない様な気がします。

ソフトバンク幹部の暴行死亡事件と内柴事件の報道の比重は正常ではありません。

この報道の偏り方は、内柴氏が2大会での金メダリストだから?

ただ単にソフトバンクが各テレビ局のお得意様のスポンサーだから?

それともソフトバンク幹部の事件は、まだ事件の真相が掴めないから?何て言うのかなぁ・・・



はてさて皆さんはどう思われるのでしょうか?




自国の歴史を知らない民族は滅びる 

「自国の歴史を知らない民族は滅びる」と櫻井よしこ氏は仰っています。 日本はどんな状況で戦争に突入して行ったのでしょうか? 日本ではルーズベルトの陰謀説は囁かれていましたが、遂にフーバー元米大統領の非公開だったメモを基に米歴史家が著した本によって明らかにされました。 マンハッタン計画(ナチス・ドイツに先に核兵器を保有される事を恐れた亡命ナチス人物理学者らがアインシュタインの署名を借りてルーズベルト大統領に信書を送った事からアメリカ政府の核開発へと加速して行った。亡命ユダヤ人科学者や技術者を総動員して行なわれた核開発国家計画)は当時ナチス・ドイツのユダヤ人を守る為にドイツを仮想敵国として行なわれたそうですが、同じ白人よりか黄色人種の日本に核爆弾を使用したのです。 アインシュタインはマンハッタン計画には関与していないようですが、ユダヤ人を助けた日本に原爆を投下した事に大変心を痛めたそうです。 戦争を何とか回避したい日本に対して、アメリカは次第に制裁を強めて遂に「ハルノート」を突き付けて最終的に日本は真珠湾攻撃して日米開戦に突入したのです。 この一発で当時イギリスのチャーチル首相は、これでグッスリ眠れると語ったそうです。 当時の世界は弱肉強食で、弱い国は飲み込まれて植民地となっていた事実も忘れないで欲しいと思います。 アングロサクソンはアメリカの原住民(インディアン)をピストルで虐殺して次々と州を増やしてアメリカを建国してまだ300年程の歴史しかないではありませんか。 南米でもブラジル(ポルトガル)やアルゼンチン(スペイン)などなど、国名とは違う言語を話している国は皆植民地だったではありませんか。 アフリカではフランスなど、オーストラリアやNZ(イギリス)アジアではインド(イギリス)、インドネシア(オランダ)フィリピン(アメリカ)などなど・・・ 当時のアジアで植民地になっていないのは日本とタイしかなかったのです。 第二次世界大戦が終わり植民地の終焉を迎えたのも事実ではないでしょうか? だからと言って戦争を美化している訳では決してありません。 ただ一度戦争に突入したら・・・ そして、それから経済戦争に突入していますね。 各国の企業は安い労働力を求め支那(CHINA)などに工場を移して、労働者の確保よりか株主の為だとか言って利益追求しています。 資本主義ですので当たり前の事かも知れませんが、アメリカは既に貿易も開かれた日本に対して関税撤廃を求めたTPPを仕掛けて来ました。アメリカ国内でさえもTPP反対と叫んで、ブルーカラーを取り戻せと叫んだ大規模なデモに発達しているのです。この事実もTVは明確には報道していませんね。 こんなTPPよりか先に、円高対策してデフレ解消に努めて、日本国内での雇用を促進するように努めるべきなのに野田首相はデフレなのに増税すると言っています。 ユーロ危機では、イタリア・ギリシャの債務をユーロ債を発行して賄おうとしていますが、ユーロの鍵を握るドイツのメルケル首相は反対しています。 それはそうですよねぇ。 結局ユーロが破綻したら紙屑にしかならないし、ドイツ納税者にイタリアやギリシャの負担を押し付ける訳にはいきませんよ。 でもドイツのメルケル首相は、ここで名前を上げましたね。 日本の野田なんたる首相では日本国の為などでは動きません。、アメリカの利益の為に職務を全うするですから。 TPPに参加すれば日本の国益は著しく失われると言われています。 野田どじょう首相は、TPPに参加してアメリカに日本の国益を売り飛ばそうと必死ですが、キックバックでも保障されているのでしょうか?
 “つむじ風” 応援宜しく!!
アンケート
『アンケート』
『アンケート』
『アンケート』
前進あるのみ

つむじ風

「一生感動・一生成長・一生青春」をモットーに10年後をより楽しく過す為の準備を日々積み重ねて行きたいものです。先ずは家族が楽しめて、自分も楽しめないとね!!
それだけでなく今世界で何が起こっているのか?にもスポットを当てています。

QRコード
QRコード
Archives
“つむじ風” 応援宜しく!!
『アンケート』
アンケート
『アンケート』
  • ライブドアブログ