マッキー親父は“ つむじ風 ”

『一生感動・一生青春・一生成長』をモットーに日々精進する親父。趣味のスポーツや音楽に情熱を注ぎ、また素朴な疑問や真実を追求する親父のブログでもある!!    小学校の頃は鉄棒やソフトボールに夢中で、中学でも野球をしましたが色んな遊びに興味が行き熱心に打ち込まなくなりましたねぇ・・・高校時代は良くも悪くもバイトに明け暮れる過ごし方をしてました。そんな私が興味を持ち夢中になったのが、ギターとスキーでした。振り返ってみると、そんな時期があったからこそ時間をとても貴重に思うようになったのでしょう。ギターは約10年程離れていましたが、私の師匠と弾く機会があり、またギターを弾くようにはなりました。スキーのトレーニングの一環で足腰は鍛えていましたが、30歳での禁煙を切っ掛けにランニングも始めました。いつしか楽しいだけでは物足りなくなり、タイム設定して走るようになりマラソン大会の10kmに初出場した時は44歳になっていました・・・2回目の参加で40分(4分/km) 切りも目前となりました。 そしてスピード強化の為に庵原駅伝にも2回参加もしましたが、メンバーと役員集めと何やら大変で駅伝は卒業。次第に走らなくなりましたが、スキーの為のスクワット系種目は継続してます。次回走る時はダイエットを考える時かなぁ〜?そんな訳でスポーツ(スキー・筋トレ)とギターの向上と子供と過ごす時間を大切にして、気力と体力そして感性を磨いて行きまっせ!!                                      何より人生を後悔しないよう日々奮闘してす!!スキーとギターは動画アップしてチェックしてるので遊びに来て下さいね〜

もう7年程弾いていないギター・・・

指の調子が悪くなってかれこれ7年程ギターを弾いていません。
ここ数年はクラシックギター演奏には欠かせない爪も短くしています。
未だにギターを弾こうと言う気にもなっていませんが、久し振りにユーチューブにアップした自分の演奏を聴いてみました。
ギターが好きで、夢中になっていた時期もあったのです・・・
そんな訳でアップした動画の中で比較的評価の良かった曲をアップして見ました。

五輪真弓さんの“恋人よ”です。
年齢がバレますが・・・

息子とスキー合宿

白樺湖にスキーに行って来ました。 
DCIM0178後ろにに見える山は蓼科山(2,531m)です。
家族で白樺高原国際スキー場に来たのは初めてで、ここにはコブ導入に適した程よいコブ斜面があるのでこちらに来ました。
標高が高いので、空気は薄く気圧が低いのでポテチがこんなになってます。
マラソンランナーも高地トレーニングしますよね〜

このポテチどれ位膨らんでるかって・・・?






DCIM0179横から見るとこんな。

上の子は部活があり中々一緒に行く機会が少なくなりましたが、子供と一緒に滑るようになってから11年程経ちました。
今シーズンは息子と一緒に行く時は、スキー合宿化して来ていますね
息子の今シーズンのテーマは、
‖腓な声を出す(習得している運動の意識をさせる)
▲好圈璽匹亡靴譴(コントロールしながら)
シュテムターンの習得 (運動とポジションの再確認)
ぅ灰崋侈未縫船礇譽鵐検(コブから逃げない)
です。

人に指導するのはとても難しい事です
特にスキーやスノボーなどの滑り降りるスポーツは先ず恐怖心が上達を妨げをするので、転ぶ事も楽しめる位なチャレンジ精神が必要不可欠かと思います。
私も始めた頃を思い出しますが、午前中に曲がり方を教えて貰ったら午後にはリフトに乗って滑ってました。
とは言っても、全く初めてでしたので付いて行こうと必死で滑って転んでの繰り返しでしたが、楽しくて楽しくて充実した2泊3日のスキーだったのです。
そのスキー旅行から帰って来て、直ぐにスキーのセットを買いに行ったものでした。

話は戻しますが、長女はそれなりに滑るのですが転ばない様に安全に滑るので今以上に上達するには、もっとスキーに興味を持って自分からスキーに連れてってとなるくらいでないと厳しいかな・・・
息子の方も安全第一ではありますが、今では転ぶのも楽しめるようになって来てるのでこれから楽しみです。
そんな訳で、2日目のロイヤルヒルスキー場での息子のコブ斜面滑走をアップしてみました。
最初は自分から滑ったのですが、気になったので止まって振り返ると息子が転んでコブの中にすっぽり隠れて、上から見えなく極めて危険だったので大声で“航希早く起き上げれ〜”って周りにも知らせ切迫した状況でした。
そんな訳で下からの撮影を断念して上から撮影したのですが、途中から見えなくなりました・・・
何はともあれ安全第一ですよ〜





今年はストレッチ

数年前に2人の子供とブリッジをしたら、長女はUを逆にしたようなブリッジで驚かされ長男はそれでも半円のブリッジを描いていました。
自分もブリッジしてみたら何かが違うんです。
更にもう少し前の話になりますが、お手本で見せようとした小学校以来の鉄棒の前回り(前方支持回転)や後回り(後方支持回転)の鉄棒の時もそうでした。
雲梯もサルのようにやっていたので、やろうとしたら片手になった途端にウムッ・・・1~2本飛ばしで数本やったら手は痛いはでギブアップ後回りは思い切り振って出来ましたが、前回りは2〜3回上まで上がれずコツを思い出し4回目位で出来た事をも思い出しました・・・それ以来、自宅で懸垂するようになりましたねぇ〜
それはそうですよね〜小学校の頃の体重ではないのは勿論、鉄棒も中学ではスポーツテストの懸垂以外やりませんよね。(体操やってる人以外)
そんな訳で、小学校の時に遊んだ鉄棒の動画を数年前にアップした次第でした。
あっ、蹴上がりは出来ずに諦めちゃいましたけど・・・そんな動画も左手にリンクしてありますので、宜しかったら見てみて下さい。飛行機飛びなどは、体の柔軟性欠如が露わになってます。
話を戻しまして、私のブリッジを撮影して貰って、見てみるとそこには驚愕の画像が・・・先ず体の反りが少なくて肩甲骨と股関節の柔軟性がないので、テーブルのようなブリッジになっていたのです。
それ以来、数週間は肩甲骨の柔軟と大きなクッションボールを使って体を反っていたのですが自然とやらなくなってました。
今年は、「言うは易し、行うは難し」を更に意識して、ストレッチに力を入れて置き1年掛けて肩甲骨と股関節の可動域を上げて、開脚出来るようにしたいと思って励んでます。
ランニングは30年程やってましたが、ここ4年程走ってないのでその時間を適度な筋トレとストレッチに変えて何時までも動ける親父でありたいものです。



 “つむじ風” 応援宜しく!!
アンケート
『アンケート』
前進あるのみ

つむじ風

「一生感動・一生成長・一生青春」をモットーに10年後をより楽しく過す為の準備を日々積み重ねて行きたいものです。先ずは家族が楽しめて、自分も楽しめないとね!!
それだけでなく今世界で何が起こっているのか?にもスポットを当てています。

QRコード
QRコード
“つむじ風” 応援宜しく!!
『アンケート』
アンケート
『アンケート』
  • ライブドアブログ